版画を作り続けていくことが自分にとってのライフワーク  山本剛史

山本剛史 版画家・アーティスト

chairs

山本さんの作品にはじめて出会ったのは、国立にある瀟洒なギャラリーのWATERMARK arts & craftsで開催されていた毎年12月恒例の「ノエルの贈り物」チャリティ展。鮮やかなブルーの椅子が一脚印刷されたクリスマスカードに目を奪われました。 と 同時に、クリスマスに椅子?と思ったものでした。

結局そのカードとはご縁がなかったのですが、今でも思い出すと楽しくなります。クリスマスイブに一人、ブルーの椅子にたたずむ人はどんな方かしらと。

音声  山本剛史
文    伊藤万里

 

 

↓下記赤いボタンをクリックで、読上げ電書のダウンロードがスタート

HOW to 読む

https://www.kunitachikagen.com/stories/howtoread/
電書をダウンロードする時は、ブラウザから当サイトにアクセスしてからダウンロード願います。スマホのFBアプリやTwitterアプリからご覧の方はお手数ですが、ブラウザから当サイトにアクセスしてくださいね。

iPhone以外のスマホの場合、リーディングアプリはHimawari Readerで音声が聞けます。
Himawari Readerは GooglePlayからダウンロードしてください。