【申し訳ありません!中止となりました】くにたちを感じる地図旅Vol.18

6月24日(土)と7月23日(日)の2日間 歩いて、見つけるわたしのエンゲキ

このたび、くにたち物語をエンゲキにしてしまう「えんがわカンパニー」との初コラボが決まりました!10年ほど前、国立駅前で賑やかなパフォーマンスをお披露目した彼女たちが10年ぶりに国立に戻ってきましたよ(笑)~~

今回の地図旅ウオーキングは903年に鎮座した東日本最古の天満宮、『谷保天満宮』を起点に北上します。
『湯島天満宮』『亀戸天神社』と並ぶ関東三大天神の一つ、『谷保天満宮』
失意のままに亡くなった道真公の怨霊を鎮めるために建てられたというよりも、父を想う子が建てた天満宮です。緑に囲まれたパワースポットに、格別親子の情愛を感じてしまいます。

これまでの地図旅とちがうのは、多少積極的に国立を感じていただくことです。 2日間構成で、一回目はカメラを片手に国立を歩き、二回目には感じたことをエンゲキにおとして演じてみます。エンゲキといってもお芝居ではありません。自分を解放する(自由に表現する)ということですって。

ワクワク プラス ドキドキの2日間ですね。 演劇なんてやったこともない~という方、国立でお初に体験してみませんか。主催者も初めてのことでめっちゃ、ドキドキです(笑)

追記:一日しか参加できないという方、オッケーです。ご相談くださいね。

くにたち大学通りでひと休み

【案内人】

おき なお子 (えんがわカンパニー主宰、演劇ファシリテーター、法政大学 多摩地域交流センター コーディネーター)
2004年、講師をつとめた地域のワークショップから、街劇団えんがわカンパニーが誕生。以後12年間、街をインタビュー&フィールドワークして作品化する、まちなか演劇を創作。国立市制40周年『わが街〜くにたち』、認知症の日に上演『晴れの日には傘をさして』など、作品多数。

 

 

【タイムスケジュール】

◆1日目 6月24日(土) 感じる冒険編
13時   谷保駅(JR南武線)南側階段下集合
→ 谷保天満宮 → 権禰宜さんのお話 → カメラ撮影など → 富士見台団地方面へ → ブレイク → 大学通り → 一橋大学
17時30分 一橋大学で解散
感性をひらく1日。カメラと一緒にまちを南から北へ歩きます。ふと出会うお気に入りの瞬間。話を聞いてみたり、音に耳を澄ませたり、心惹かれた一枚やマイ珍百景の一枚をカメラにおさめたり…。いつもは見慣れたこの街に、自分だけの発見や、わくわくうきうき心が動いたら、それが7月のエンゲキになる作品の元となります。

◆2日目 7月23日(日) 演じるワークショップ編
13時   富士見台第一団地集会所集合
→ 演劇ワークショップ
17時30分 解散
風景や出会いを通して、みつけた感覚や記憶を、身体をつかって表現。ワークショップで準備体操のエクササイズを行えば、誰でも創造的になっちゃいます。演じる役者も、創作する劇作も、すべてのエンゲキプロセスを駆け抜ける、わずか半日のオリジナル劇場を楽しみましょう。

歩いて感じる
国立市の象徴、くにたち大学通り。今年は国立市政50周年
演じて、自分を開放する

【参加費】

2日間 5000円/人(保険加入費、フォトブック製作費込)
一日しか参加できない方はお問合せください。

【定 員】

15名

【お支払方法】

・ゆうちょ銀行事前振込み
・当日現金支払

【キャンセルに関して】

■6月18日(日)までのキャンセルにつきましては、キャンセル料は派生しません。振込み手数料を除く料金の全額を返金いたします。
■5日前~前日のキャンセルにつきましては、大変申し訳ございませんが、キャンセル料は50%といたします。

【お申込みフォーム】

https://www.kunitachikagen.com/calendar/

【お問合せ】

kunitachikagen100@gmail.com
携帯 090-8462-5107(服部)

【持ち物】

カメラ(スマホもOK)、飲料水、歩きやすい服装

オモテ面
ウラ面