3月の「谷保村のおやつ」

谷保の農家さんからわけてもらったおやちゃい。だいこん、小松菜、白菜、ヤーコンを使った即席漬けを佐伯安子さんから教えてもらいました。「誰もが手軽につくれる漬物なので、わざわざ教えてもらわなくても」っとお思いのあなた(笑)。安子節を聞きながら漬ける楽しさは体験しないとわかりませんよ~

とはいえ、課題は増えるいっぽうです。

おやつどころか、立派なランチです!
おやつどころか、立派なランチです!

 

今日の調理

・白菜
洗って水けを切ったものを使います。葉をたて半分にさいて(漬けやすい)、食卓塩(細かな塩)と輪切り唐辛子と細切り昆布で漬ける。2日間はおいてほしい。食卓漬物ケースがあると便利。切るときは、葉の先としりを交互に重ねて切ると、食べるときに偏らなくていいですね。

・小松菜
洗って水けを切っておきます。茎の細いほうが漬けやすいそうな。白菜と同じですが、1日で漬かります。

・だいこん
洗って、まんま1週間、影干し。外側はしわしわでも中味は水分たっぷりの状態を3種類に味付けしました。たくわんの素を使ったもの(2日おく)とコロコロに切って、甘酢漬け(3日おく)と塩麹を塗ったもの(2日おく)

・ヤーコン
厚めの短冊切り。炒めて醤油で味付け、ラー油をかけて、七味唐辛子をかけると美味!まさしくきんぴらですが、甘味料は一切いりません。他にも豚肉を合わせて卵とじしたトン玉丼や厚めの短冊切りで天ぷら~~

・谷保の天神米
単純に塩にぎり!!

JIKKa Cafeは西にあります。

ヤーコンの効用

水溶性食物繊維、オリゴ糖、ポリフェノールやミネラル、カトキンも豊富に含まれている根菜です。水溶性食物繊維は腸内で膜を作り、他の食事から摂取した糖やコレステロール、塩分の吸収を抑制する効果があります。オリゴ糖は腸内のビフィズス菌など乳酸菌類の餌となり善玉菌を増やし、悪玉菌を減らすなどの整腸作用があります。ポリフェノールは抗酸化作用があり老化防止や血管の若々しさを保ちます。加熱するとオリゴ糖は減少。できるだけ生で食べたいヤーコンですが、見た目はサツマイモ、味は梨のようなおもしろい根菜。いろいろチャレンジしたくなる根菜(笑)。

お問合せは北島ファームへ [email protected]

サツマイモに見えるヤーコン
サツマイモに見えるヤーコン
豚とヤーコンと小松菜を炒め、ラー油と山椒をかけて、卵とじ。
ヤーコンと豚こま切れと小松菜を炒め、醤油で味付たあと、卵とじ。ラー油と山椒をかけると美味。汁けを多くしてごはんにかけたトン玉丼が最高です。