地元で「谷保村のおやつ」を始めました!

皆で手延べした通称「だんご」を野菜と煮込んだ「にーだんご」すいとんと言う人も多いらしい。
手延べした通称「だんご」を野菜と煮込んだ「にーだんご」。すいとんと言う人も多いらしいです。

「くにたちの暮らしを記録する会」という活動があります。40年ほど前に、国立一小の父兄がリヤカーと始めた「民具収集」がきっかけです。甲州街道沿いの民家一軒いっけんを訪ねて、蔵に眠る民具を集め、民具から昔の暮らしを紐解き、民俗学者の宮本常一氏の指導の下、聞き取り調査も行いました。成果物は「国立の生活誌」として編集され、全国の図書館の民俗・郷土史に納本されています。

月日は光陰矢のごとし。参加されていたご父兄はご高齢となり、現在は代表の佐伯安子さんが70代・80代の農家さんを牽引して、踏ん張っています。市内の小学3年生には必修で「民具案内」という体験学習があり、「くにたちの暮らしを記録する会」と交流します。

世代交代をそろそろはじめないといけない時期。そこで、「記録する会」が蓄えてきた生活の知恵をお伝えする場を設けようということで「谷保村のおやつ」という交流会をはじめていきます。「記録する会」だけではなく、谷保の農家さんの協力も得て、農作物のおいしい食べ方や新メニューなんかも紹介していきたいと思います。

初回の2月12日は地元で物資のない時代におやつとして食べられていた「にーだんご」をお振舞い。一緒に、子どもが大好きなキクイモのまるっと揚げをいただきました。

にーだんごの作り方。味つけは醤油やだしの素となっているけど、醤油だけで充分。野菜のUMAMIが全て出てますから~~煮干しをいれるお母さんも多いですよ。

会場は西にあるJIKKa Cafe。キッチンが使えるし、ガラス張りで小じゃれたカフェスペース。
会場は西にあるJIKKa Cafe。キッチンが使えるし、ガラス張りで小じゃれたカフェスペース

キクイモの効用

主成分は「イヌリン」という水溶性食物繊維。でんぷんが全く含まれない糖質なので、人間の消化酵素では消化できず、血糖値をあげません。生活習慣病に効果があるといわれてます。ビタミンやミネラルも豊富ですから、腸内の善玉菌が増えて、整腸作用にもいいようです。
新鮮な野菜をその日のうちに食べられる国立って、都市田舎でなんかいいもんですね。

お問合せは北島ファームへ [email protected]

キクイモ
キクイモ
キクイモのまるっと素揚げ
キクイモのまるっと素揚げ