時間をかけて、『おいしい』を伝えたい

小湊玉 韓国家庭料理玉ちゃんの家

周りの大好きな人たちが健康に長生きできるようにと願ってはじめた韓国惣菜料理屋。それが、1年も経たないうちにあれよあれよと韓国家庭料理の食堂になってしまった玉ちゃんの家。玉ちゃんの奮闘ぶりが伝わってきます。

 

仲間が開いたサプライズウエディングで祝福を受ける玉ちゃんとボス

小湊玉さん

読上げ 小湊玉
文   高野宏
結婚式写真  小櫻ようこ

↓下記赤いボタンをクリックで、読上げ電書のダウンロードがスタート

HOW to 読む

iPhone以外のスマホアプリではHimawari Readerで音声が聞けます。
Himawari Readerは GooglePlayからダウンロードしてください。
https://www.kunitachikagen.com/stories/howtoread/