【終了】くにたちを感じる地図旅Vol.16

12月4日(SUN) 観る黄葉、飲む紅葉

2016年を締めくくる地図旅は、自然と人がつながるアートな街をご案内します。今年も残り2か月となりましたね。
あなたは残り2か月をどのように過ごされるのでしょう。「もっとお友達が欲しいわ~」なんて思っているあなたにぴったりの地図旅です。

地図旅も16回目となりましたが、「くにたちって、自然と折り合いを成している街だなぁ」とつくづく思います。
季節の移ろいと同時に、街の顔もはっきりと移ろうのがくにたちなんです。それは、お店を構える事業者が意識して、自然の変化にマッチした観せ方をされているからかもしれません。

 

【案内人】

hirose

 

廣瀬正明&佑梨子さん(アートスペース&ティ わとわ)

ご主人の正明さんはスリランカのお寺で修行もされたティソムリエ。奥様の佑梨子さんはアート好きが高じて、学芸員資格もお持ちです。
ご自宅の地下でギャラリー兼ティーサロンをされるご夫婦が語る12月のくにたちにはどのようなストーリーがあるのでしょう?

 

 

 

 

 

 

 

【巡るところ】

☆アートスペース&ティ わとわ
ご主人のスリランカ時代の修行の話や本物 スリランカ紅茶の話を伺いながら、紅茶のテイスティングをします。
そのあとには、厳選されたスリランカ直輸入の紅茶と地元でつくられたカボチャの特製プディングで軽く腹ごしらえ。

国立には圧倒的に美味い珈琲をだす珈琲屋が多いのです。それに比べて、美味しい紅茶を出す店は自分が知ってるだけでも2-3軒じゃないかしら。紅茶好きの人は 落ち着いてリラックスした性格 だったり、カジュアルなファッションを好む傾向があると どなたかが書いてましたっけ。またフレンドリーでムードメーカー的な存在であることが多いのだとか。廣瀬夫人、まさしく、そんな方です。

☆circle gallery & books
江戸時代から続く国立の旧家といわれる本田家の敷地内で盛り上がった「谷保の家再生プロジェクト」が『やぼろじ』というカフェ&シェアオフィス・工房になっています。その一角にあった旧い蔵を改造して2階をギャラリー、1階を書店スペースにしたのがcircle gallery&books。

当日は「工房イサド」の木工展を展示中。

circle
☆musubi くらしのどうぐの店
いわゆる家店で1階で奥様がくらしのどうぐ店、2階はご主人の設計事務所。当日はますみえりこ 横畠梨絵 二人展 「草から生まれる仕事」開催中。

家店

 

【料理人】

草・木いろいろのさえ木 佐伯かずえさん(盆栽アーティスト)
ランチ会場でくにたち野菜をふんだんに使った特製酵素玄米弁当をいただきます(発酵玄米ではありません)。もちもちとふっくらとした玄米です。
しばしの盆栽鑑賞なぞもお楽しみに。

saeki_kazue_circle400

【タイムスケジュール】

9:30 国立駅南口集合、自己紹介 →大学通り散策スタート
10:00 アートスペース&ティ わとわ到着 → 廣瀬正明氏のお話「スリランカ修行と紅茶」 → 紅茶のテイスティング → チャイと地元かぼちゃの特製プディングをいただきましょ。
12:00 まちあるきに出発 → ぜひ店主とお話してほしいお店をセレクトしてご案内
13:30 ランチ会場到着 → お待たせしました!草・木いろいろ さえ木の酵素玄米弁当 → さえ木の盆栽作品数点を鑑賞
14:30 解散 → 谷保天満宮旧車祭である当日は、大通りを走る名車・旧車・スーバーカーを楽しみながらお帰りください。

【参加費】

3000円/人(保険加入費、ランチ込)
お子様をお連れになる場合は、お一人500円の追加をお願いいたします。

【定 員】

20名

【お支払方法】

・ゆうちょ銀行事前振込み
・当日現金支払

【キャンセルに関して】

■11月28日(月)までのキャンセルにつきましては、キャンセル料は派生しません。振込み手数料を除く料金の全額を返金いたします。
■5日前~当日のキャンセルにつきましては、大変申し訳ございませんが、キャンセル料は50%といたします。

【お申込みフォーム】

イベントカレンダー

毎年恒例、谷保天満宮旧車祭の日

国立市に200台の旧車、名車、スーパーカーが集合し、午後2時から3時に大学通りを走ります。必見の価値あります。