【終了】十五夜だんご作り@くにたち古民家

お月見団子を作って、お供えしましょう

十五夜とは、旧暦の8月15日、ちょうど空気の澄み渡った8月の15日(満月という意味)に作物の収穫を感謝して収穫祭をするようになったことから、谷保村でも満月のような真ん丸な団子を米から作り、収穫されたお野菜とともにお月様にお供えをしたそうです。
十五夜は中秋の名月ともいわれますけど、毎年、9月でも日にちが違ってくるものです。しか~し、今年はなんと9月15日(木)がそれにあたります。
ということで、くにたち古民家で昔ながらの十五夜だんごを今年も作ります。伝統的な日本の行事を体験してみませんか。

kamado

dango

minori

osonae

 

日 時:9月11日(日)13時~15時

会 場:国立市古民家

申込み:くにたち郷土文化館 tel 042-576-0211

料 金   300円
定 員   15名 先着順
申込条件  対象は小学生以上。(小学4年生以下は保護者も参加)
持ち物   エプロン・三角巾
講 師   くにたちの暮らしを記録する会

国立市古民家は城山さとのいえのお隣です。