昭和3年の谷保村を体感しつつ

某工房で見つけた遊び

6月12日も無事すんだ地図旅。案内人の村上さんがディレクトした「天使のピアノ」と「松本茜」をメインに光らせるために、「天使のピアノ」が滝乃川学園とともにやってきた昭和3年に焦点をあて、参加者と滝乃川学園がきた頃の農村の暮らしを体感しました。

谷保天満宮の鳥居
谷保天満宮の鳥居 ©コザクラヨウコ

数ある石碑の一つ。筆塚
数ある石碑の一つ、筆塚 ©コザクラヨウコ

谷保田園。天神下にひろがる。
天神下にひろがる谷保田園 ©コザクラヨウコ

途中で見つけたトカゲ
途中で見つけたトカゲ ©コザクラヨウコ

矢川おんだし
矢川おんだし ©コザクラヨウコ

滝乃川学園をはしる矢川。おんだしへ流れ出す。
滝乃川学園をはしる矢川。おんだしへ流れ出す。 ©コザクラヨウコ

国登録有形文化財の滝乃川学園本館の講堂でランチ
国登録有形文化財の滝乃川学園本館の講堂でランチ ©コザクラヨウコ

おへそキッチンによるランチボックス。パンなのにお腹が膨れる満足感
おへそキッチンによるランチボックス。パンなのにお腹が膨れる満足感 ©コザクラヨウコ

記念館米川館長が話す「滝乃川学園の歴史と谷保村」
礼拝堂で記念館米川館長が話す「滝乃川学園の歴史と谷保村」 ©コザクラヨウコ

国立市登録文化財の聖三一礼拝堂
国立市登録文化財の聖三一礼拝堂 ©コザクラヨウコ

国立ノートランクス店主の村上寛氏の登場。
国立ノートランクス店主の村上寛氏の登場 ©コザクラヨウコ

天使のピアノ
天使のピアノ ©コザクラヨウコ

松本茜さんの登場
松本茜さんの登場 ©コザクラヨウコ

いよいよ松本茜が鳴らす「天使のピアノ」
「天使のピアノ」でスイングしてくれた松本茜さん ©コザクラヨウコ

昭和3年って1928年。当時はアメリカでも、まだまだソウルミュージックとしてジャズは少数派であったでしょうが、「天使のピアノ」を使ってビバップを弾いてくれる人がいたら、地元民ががんがん潜り込んできて、谷保村が音楽村になったでしょうに。 谷保村は自然の音もあれば、ピアノもあると、最高のミュージックシーンだったろうなぁ。谷保って、心に響く音が多いな。