【更新】子どもたちの五感に訴えかけるような環境を作りたい

ビデオをリニューアルしました!

子どもはどんどん成長するのですね。子どもたちの演奏のビデオを差し替えました。すでにダウンロードされている方は、お手持ちの本棚の本を削除してから、更新版を再度ダウンロードしてください。
よろしくお願いいたします!

 

白井耀子

「婦人記者求む」の新聞広告が始まりだった。

私は若い頃は編集者として働いていました。『主婦の友社』の「婦人記者求む」という新聞広告に目を止めた友人から、「あなたに向いているのでは?」と勧められたのがきっかけでした。私は人から勧められるとすぐにその気になるという一面があり、その時も余り気負わずに応募してみることにしました。締め切りまで余り時間がなかったので、急いで駅前にある『国立写真店』へ行って、履歴書用の写真を撮影してもらいました。応募者はおよそ千名位はいたでしょうか。その中から筆記試験で約100名が選ばれて、その後の面接で10名ほどが残されて、約2週間の実習期間の後に採用されたのはたったの4人でした。

白井耀子先生
白井耀子先生

~10年間で人生の全てを学ぶ~
私が入社した当時、『主婦の友社』は駿河台の不夜城と呼ばれていました。ただし女性陣は割に優遇されていて、毎晩9時に出される「夜食のアンパンを食べたら帰ってもいい」というのが暗黙の了解でした。毎週土曜日に社員総出で会社の大掃除をしていたのも、今となっては良き思い出です。
私が『主婦の友社』にいたのは10年間でしたが、ここで人生の全てを学んだといっても過言ではありません。創業者である社長を始めとして、厳しい先輩や良き同僚に恵まれたことには大変に感謝しています。

続きは下記から電書をダウンロードしてお楽しみください。ご本人の声が読み上げています。動画が入っているために、ダウンロードに少々時間がかかります。
ライター 伊藤万里

☆社会福祉法人 和光保育園
国立市東2-2-1
☎042-580-0843
開園時間:7:15~19:15
標準保育時間:9:00~17:00
休園日:日曜、祝祭日、年末年始