生涯のテーマは“自立する地域社会” 坂東通世

地域の人がいかに楽しく暮らせるか。

BAN インターナショナル 坂東通世
建築家というと、建物の図面を引いているだけと思われがちですが、その地域に住む人たちがいかに楽しく暮らせるかの『住まい方』を考えた上で、『街づくりの企画』を立てるのも仕事の一つです。

坂東通世さん
坂東通世さん

高齢化が進んで『過疎化』を懸念する地域の人たちに、外からの視点でアドバイスをすることもあります。『地域活性化』の為には、『交流事業』を通じて、農漁村と都市間で交流を図ることが必要になってきます。たとえば、地方の農・水産物を都市で仕入れて販売したり、反対に都市の人がその地域に一時的に滞在したりといったことなどです。中でも、アートや音楽などの文化交流事業は、地域の人たちとの距離感が一気に縮まることが多いです。

 

文:伊藤万里