創成期から、このまちに住み続けて。岩下進

遊び相手が居なかった幼少時代

国立市中商店会の前会長 岩下進
国立の今住んでいる処で生まれ、育てられて、今年の10月で83年になります。国立のこの地以外に住んだことが無いんです。逗子ホテルの料理人だった親父(亀太郎)が東京高等音楽学院(現国立音楽大学)の教職員専属料理人としてやって来たのが、昭和4年(1929年)。その翌年に私が生まれました。ちょうど国立駅ができて間もない頃だと思います。

iwashita
岩下進さん@明窓浄机館

ウチは「国立堂」という本屋の跡に移り住み、お袋がそのまま国立堂という名で菓子屋を始めました。国立のまちが生まれたばかりで、富士見通りも駅近くには、数軒のお店があったものの、今の公民館辺りからウチまでは、一軒もありませんでした。国立学園と国立音大の間には、ウチと黒田写真館、それに牡丹園があっただけです。

続きはダウンロートしてお楽しみください。