【募集中】2016年まゆ玉飾りを体験

新年を迎えたら、谷保村の小正月の伝統行事を体験しませんか。繭の豊作を願って、繭玉に似せた真っ白い団子を作って、樫の木に飾り付けます。飾られた樫の木は家の中心にドンと置かれます。養蚕との兼業が多かった農家では、新年の繭の豊作を祈願したとのこと。

もし、自分の家に飾られてたら、団子は毎日一つずつ、減っていくでしょう。当時の子どもたちはどうしたのでしょうか?当時の子どもたちとお話したいですね。

樫の木に飾られたまゆ玉
樫の木に飾られたまゆ玉

1月9日(土)『まゆ玉飾り』をしてみませんか? 上質の米粉でだんごを作るところからはじめますよ。飾った団子は1月11日(月)に谷保第三公園や谷保天満宮などで開催される『どんど焼き』に持っていき、焼いていただきます。

『どんど焼き』では、飾り物を燃やす炎で年の豊作をうらなうとか。この炎にあたると病気にならないともいわれていますよ。

場所:くにたち古民家

古民家へのルート

時間:13時~15時30分

申込:042-576-0211(くにたち郷土文化館)

参加費:300円

持ち物:エプロン、三角巾

※小学生4年生以下のお子様は保護者同伴でお願いいたします。