宵宮参りの古式獅子舞

9月26日は谷保天満宮例大祭の前夜に行われる宵宮参り。翌日の本祭りに向けて、谷保天満宮の参道には屋台が並び、どこにでもある夜祭り風景にも思えるが、国立の全町会から提灯片手に氏子が集まって宮参りをする提灯行列は長くて熱い。本殿を3周して、それぞれの町会へ帰っていく。写真なし(-_-;)

谷保天満宮例大祭2015ポスター
谷保天満宮例大祭2015ポスター

宵宮の月
宵宮の月

その後に始まる古式獅子舞。田楽風の獅子舞。

獅子の面をつけるというかかぶる。
獅子の面を頭の上にのせているので身体全長2m以上。

獅子面横顔
獅子面横顔

 

練習用の獅子頭三基。くにたち郷土文化館から
練習用の獅子頭三基。 くにたち郷土文化館所蔵

獅子の造作はすべて十二支に型どり、意味がある。獅子3基は三宝をあらわし、鼻の頭は子(ねずみ)、鼻の穴は卯(うさぎ)、立付袴は寅(とら)、瞳孔は巳(へび)、角は辰(たつ)、眉間の宝珠は戌(いぬ)、歯は午(うま)、髪に下げる弊は未(ひつじ)、瞼は申(さる)、髪は酉(とり)、唇は丑(うし)、牙が亥(いのしし)だそうな。舞いの構成も十二節からなり、1時間で1年を唄いこみ、舞い込むそうです。他エリアの獅子頭と比べても類のないもので、とにかく獅子頭が揺れるときの美しいこと。

翌日の本祭では昼間に舞を披露。くにたち郷土文化館より
本祭では昼間に舞を披露。 くにたち郷土文化館所蔵

かけ声をいれ、一緒に踊る天狗は猿田彦ですって。かけ声が凛々しい。

天狗さま
天狗さま

農民が作った獅子の面
復刻版は地元民が作って奉納したといわれる獅子の面

獅子舞は願う人の思いによって変わり、悪魔払いだったり、五穀豊穣祈願だったり、雨乞いだったり。
谷保の獅子舞は949年、獅子頭三基と国造狛犬二基が奉納されて以来の古式舞といわれています。第二次大戦後の米国は、この谷保天古式舞を神国日本の祭りとは違い、穏やかに農民が守ってきた芸能とみなしたという逸話があるそうです。

それにしても、ここではお面をよく見かけます。普通、日本のお祭りってそうなのかしら。

面をつけて踊る姫たち
面をつけて踊る姫たち

2015年のお面た
2015年のお面たち

2015年のお面たち
2015年のお面たち

ドラえもんはいつの時代もヒーロー
ドラえもんはいつの時代もヒーロー

今年は宵宮しか行けなかったけど、来年こそは、谷保天満宮例大祭に伝わる獅子舞物語を理解したいものです。2頭の雄獅子と1頭の雌獅子の恋話って本当?
※大森にある厳正寺の獅子舞は水止舞(ししまい)に由来し、大干ばつに見みわれた時に、獅子の面3基を農民がかぶって太鼓を叩いて、法螺貝を吹いて、龍神に雨がやむよう、「水止」の祈祷を捧げたという話です。谷保天満宮の古式獅子舞と同じく、一人立ち三人一組の「三匹獅子舞」だそうな。

十二支の獅子面は『くにたち郷土文化館』で確認してみてくださいね。練習用の面三基が常設展示されてます。

1800年ごろにはすでに国立の谷保へ移住されていたという旧家『本田家』企画展をやってるよ!

「村の明治医新」とひねった学芸員に会おう!
「村の明治医新」とひねった学芸員に会おう!