ボラセンウォークくにたちの「北!」を歩く

10月11日(土)国立ボランティアセンター主催の「北」をあるこう!に参加。
市民が国立の歴史や自然やまちを詠み、絵を描いて作った「くにたちカルタ」に沿って、ボラセンが定期的に開催しているウオーキングです。

JR国立駅北口側に集合

ルートは下記の通り

ボラセンが用意したウォーキングルート
ボラセンが用意したウォーキングルート

新発見その1.
鉄道総研国立研究所引き込み線跡地あたりに「国立女学院」があったらしい。
学校教育法もなかった第二次世界大戦前にあった婦女子のための学校が当地の雑木林の中にあった。

1941年当時の国立大学町の空中写真
1941年当時の国立大学町の空中写真

出典 http://mapps.gsi.go.jp/maplibSearch.do?specificationId=733179

引き込み線跡地から北大通りへ出ました。4月半ばにはハナミズキ通りとなります。

北大通り
北大通り

北市民プラザ
北市民プラザ

新発見その2

東京都の中心点と言われる石が北公園にありました。

東京都のへそ
東京都のへそ

立東通りに入りました。戦後は最大のにぎわいとなったようですね。

1日300人以上の人出だったとのこと。その名残りが少々。

戦後からの洋品店
立東通りにある戦後からの洋品店

第二次世界大戦後、並んでた長屋の残り。けっこう大きな構造
第二次世界大戦後、並んでた長屋の残り

第二次世界大戦後の並んでた長屋の残り
となりから続く二階建ての構造

古い線路を使ったアーチのある北緑地への入口
古い線路を使ったアーチのある北緑地への入口

古い線路で作ったアーチがグリーンの影を作って涼しげ
古い線路で作ったアーチがグリーンの影を作って涼しげ

西町緑地入口
西町緑地入口

ここにも都市型農業がありました。
ここにも都市型農業がありました。

栄緑地の遊歩道マップ
栄緑地の遊歩道マップ

神明社から見下ろす階段
神明社から見下ろす階段

新発見その3

東京都の重心もありました。

東京の重心
東京の重心

戦前から残る井戸
戦前から残る井戸

新発見その4

谷保村の農家が個人で開拓して田畑をつくった平兵衛新田跡地。現在の国分寺市光町です。なぜ光町か。現在は鉄道学園があり、新幹線「ひかり」が生まれた場所だから。

平兵衛新田跡地
平兵衛新田跡地

夏は涼しい平兵衛樹林地
夏は涼しい平兵衛樹林地

新発見その5

富士山が見えたのに。。。あれっ?

平兵衛樹林地から見下ろした坂道で富士山が見えるはず。。。
平兵衛樹林地から見下ろした坂道

最終目的地の鉄道学園に到着。

今回の企画は鉄ちゃんが特に力を入れていたとか(笑)。

鉄道学園が年1回開く平兵衛まつり
鉄道学園が年1回開く平兵衛まつり

 

まったく知らなかった国立市北エリア。全てが新発見でしたが、時代の変遷を体感したウォーキングでした。また、歩いてみます。